手先が不器用でも使いやすい学用品~リコーダー~

支援グッズ(こども)

はじめに

 

息子は手先が不器用で、リコーダーが苦手です。

良いグッズがあったのでご紹介します!

 

スポンサーリンク

小学三年生からリコーダーを使い始める

三年生の途中にリコーダーを使い始めます。

使いやすいグッズを紹介します。

 

押さえやすいリコーダー

Nuvo Recorder+ ヌーボ ソプラノ リコーダー プラス 【押さえやすく、息もれしにくいシリコンキー お子様用 】


学校で販売していた普通のリコーダーを買い、さらにこちらのヌーボリコーダーも購入しました。

 

比較すると、ヌーボリコーダーは穴を押さえやすくて使いやすいです。

息子は指の力が弱く、普通のリコーダーの穴を塞ぎきれなくて出したい音が出せません。

 

ヌーボリコーダーは、穴に補助具がついており、簡単に押さえられるのできれいな音が出ます。
下の穴は半分押さえることも可能なので1オクターブ高いミやファも出せます。

 

しかし息子はみんなと同じものを使いたいタイプで、結局いまは学校で購入したリコーダーを使っています。

母ショック!!( ;∀;)

そのため、周りを気にするタイプのお子さんであればこちらは使ってくれない可能性はあります。

ただ買ったこと自体は後悔していません。
その理由は、家でリコーダーの合奏練習をするときに、親が別パートを吹いて合わせてあげられるからです。

一人で吹くのと合わせて吹くのでは感じが違うので、それを家で練習させてあげられるのはとても良いです。

いろんなデザインがあり、カラフルでおしゃれです。

 

補助シール

これは購入してまだ使用していませんが、有名な補助シール。

やはり見た目が変わってしまうため息子が使いたがりませんでした。

あまり目立たないと思うんですがね…。


おわりに

 

結局うちは補助グッズを使ってくれず使えませんでしたが、せっかく調べたのでご紹介しました。

ヌーボは見た目がポップでおしゃれで本当におすすめです。
お子さんが目立つことを気にしないタイプならこういった補助グッズを使うことをお勧めします。

コメント