小4普通級の息子 ウィスクの結果

発達
久しぶりの更新です。
パソコンが壊れてしまいスマホで書いているので見づらかったらすみません。
小4の息子は自閉症スペクトラム(アスペルガー)、発達性協調運動障害、書字障害です。
小2まで情緒支援級、小3から普通級移りました。
先日受けたウィスク4の結果を聞いてきました!
全検査IQは100
ど真ん中……
年齢相応。
身バレ防止のため、ざっくりの数値で書きます!
言語理解 100
知覚推理 120
ワーキングメモリー80
処理速度90
一番高いものと低いもので差が約40ありました。
大きいな………
項目の数値の差が大きければ大きいほど日常生活が大変と聞きます。
例え全検査IQが高くても、項目の差が大きいと良くないのです。
ちなみに過去の資料を読み返してたら1年半前にも受けてました。
ウィスクは2年は空けないといけないって聞いてるけど大丈夫かな!?
今回は特児の更新のために検査を申し込んで、検査の種類は医師に任せました。
前回も今回も同じ病院。
ただ前回は、検査者のミスで知覚推理の問題?を年齢以下のものをしていたらしくて正しく数値出せなかったんです。(そんなことあるんだ…)
今回検査結果聞きに行った時に、医師から改めて前回の検査ちゃんと出せなかったこと謝罪いただいてやっぱり珍しいことだったんだなって……
前回は言語が120近くあって、知覚推理が100、ワーキングメモリーと処理速度は今回と同じくらいでした。
今まで4回ウィスクを受けたけど、知覚推理が高かったり言語が高かったりその年によって違いました。
ワーキングメモリーと処理速度もバラバラで…珍しいタイプです。
多くの場合は数値は違っても得意不得意な項目は変わらないけど息子はバラバラ。
ところで、今回ウィスクを検査したくれた人がすごくよくて、少し話しただけだけど支援に繋げて話してくれて分かりやすかったです。
その中であったお話が、頑張りすぎちゃってスタミナ切れするタイプだと。
ウィスクの検査の順番って言語、知覚推理、ワーキングメモリー、処理速度なんだって。
最初の二つですごい粘ってがんばってたから、ワーキングメモリーの検査する頃にはヘトヘトになってた息子。
全体を見越して力を残しておくことができたら学校でも楽になるんでしょうねと言われました。
そしてまさにそういうタイプなのです。
ワーキングメモリーと処理速度はいつも他二つに比べて低いんだけど、検査者の意見では今までも疲れてしまっていたのかもと。
余力を残さなくて実力を出し切れてなくてこの数値なのかもとは言われましたが、実生活でもおそらくこの傾向があるから、結果変わらないんですよね。
実際に学校でも勉強(言語や知覚の部分)を頑張りすぎて先生の指示(ワーキングメモリー)を聞けていなかったり、ノートを書けていなかったり(処理速度)しています。
一度しかお話しできていませんが、すごく良い検査者だなぁと思っていたら、後日医師から聞くとスクールカウンセラーの経験者なんだとか。
だからあんなに的確だったのかと納得しました。
脱線しちゃいましたが、そんな検査結果の息子に必要な支援は、
・説明や指示は短く簡潔に&繰り返しやマインディングする
・シンプルな図や写真など視覚的手がかりを活用する
・考え方や暗黙のルールなどの抽象的な事柄は根拠などを言葉で丁寧に伝える
・時間での競争はなるべく少なくする
・字の綺麗さでの優劣は少なくする
・板書は作業量を限定したり書き込み先にする、タブレットを用いる
などでした。
上記の支援はほぼ行なっているので、これだけ成長したのだと実感しました。
学校と相談してタブレットも持ち込める状況です。
最近になり息子が持ち込むのを嫌がっているのが悩ましいですが…
ブログを更新したいと思いつつ、ちゃんと書かなければと気負ってしまってなかなか書けませんでした。
これからは近況報告がてら、気軽に更新できたらと思います!
読んでいただきありがとうございました。

コメント