【イラスト版】ある日突然「障害児」になった息子 25話

今までのお話は

【イラスト版】ある日突然「障害児」になった息子 まとめ①

【イラスト版】ある日突然「障害児」になった息子 まとめ②

【イラスト版】ある日突然「障害児」になった息子 まとめ③

【イラスト版】ある日突然「障害児」になった息子 まとめ④

20話  21話  22話  23話  24話

 

私のインスタ→https://www.instagram.com/narumiima

で更新しているイラストの続きです。

 

文字のみで良ければ

ある日突然「障害児」になった息子①

ある日突然「障害児」になった息子②

をどうぞ。

こちらの方が先のことまで載っています。

 

25話 迷い

いざ予約の日が近づくと、病院に行かなくても良いのではと迷い始めました。

たくまが成長して少しだけどラクになった部分があって、数カ月前に抱いていた大きな不安はなくなった気がしていました。

 

「私の心配しすぎかな?」

「病院行くほどではないかな?」

「行くこと自体がすごく大変だから行くのやめたいな…」

 

と思うようになりました。

特にたくまと電車に乗るのが怖くて怖くて…。

行く予定の林クリニックは電車で行かないといけなくて、それが不安要素でした。

 

夫に相談

夫は、療育の空き待ちや病院に予約する際も「必要ないんじゃないか」とは言いつつも反対はしませんでした。

それでも夫なりに納得してたと思ってたので、相談したら「行かなくていいんじゃない」とあっさり言われたのは拍子抜けでした。

なんだかなぁ、と・・・。

夫はたくまのことを真剣に考えてくれてない気がして、自分で決めないといけないなと思いました。

 

 

ほかの人気記事を見る→人気記事まとめ
すべての記事一覧を見る→サイトマップ

 

コメント